木曜日, 3月 02, 2006

ペ・ヨンジュン展示館「パーク BOF」とは (파크BOF)

(この記事は古い情報が含まれており、現在パークBOFは仁寺洞(インサドン)に移転しています。下のKONESTのリンクを参照) ソウルでもっともお洒落な若者の町狎鴎亭(アックジョン)エリア、論峴(ロニョン)洞の上品な3F建ての単独住宅にぺ・ヨンジュンの息遣いが保存されているという。ここはペ・ヨンジュンの所属事務所、BOFが移転したのを期に旧オフィスを記念館としてリニューアルしたもの。

・1Fは出演作品館。冬のソナタ、四月の雪などの出演当時の写真・衣装などがある。モニターで出演作が放映されている他、ガラス陳列棚の中には時計、メガネ、指輪、台本などが展示されている。
・ペ・ヨンジュンが馬に乗った姿が大型モノクロ写真で展示されている。2Fはプライベート館。実際にゴルフに行く時に着ていた服、普段よく着るスーツ、カジュアルウェア、靴が展示されている。2F左の部屋は普段の写真が壁に。ガラス陳列棚には四月の雪、ホテリアー当時、また写真集撮影時にかけていたメガネ、スカーフ、ネクタイなどが展示。冬のソナタ立体ポスター、とヨン・ベアーIIが販売。
3Fはテーマ館。四月の雪の「初めて出会った病院の廊下」を再現したセットが設営されている。多くの日本人観光客は、ここの椅子に座って記念撮影をしている。5分ほど待つと、自分だけの映画「四月の雪」のポスターが出来る。ポスターは18000ウォン。

 ここは、訪問するためには原則として2週間前までに事前予約をしなければならない。予約なしでの当日見学は不可能。ゆっくりと見てもらうため、1日100人~150人程度に観覧を制限している。観覧料は無料。観覧時間は朝9時半から午後5時まで(入場4時まで)(※注:ソウルのリムジンバスの雑誌では4時半閉館の表記になっていたが、他のソースは全て5時と報道している)。休みは毎月最終日曜。日本語の流暢に話せるスタッフ5人が案内をしてくれる。「内部の」写真撮影は不可。予約電話番号は(韓国(国番号82))02-541-2653まで。(日本語対応可)
韓国への国際電話のかけ方

●ソウル市 江南区 論峴洞 63-12 서울시 강남구 논현동 63-12
●地下鉄7号線 鶴洞(ハクトン、Hakdong)駅10番出口から徒歩10分
行きかた 10番出口を出てそのまま進行方向に直進、大きな交差点(左手に「現代自動車」がある角)に出たら左折。5分ほどまっすぐ歩きます。(途中左手に「ソウル税関」) 「ナヌリ病院」(ハングルで表記) が見えたら、その手前で左折。 コンビニ「GS25」の隣の白いビルと、「チェ・ハニウェディングショップ」という茶色い建物の間の細い道に入る。すぐ右にパークBOF。


目印のハングル表記がわかりづらいので、予めコネストなどのサイトで途中目印の写真を確認しておいたほうがいい。

コネストのパークBOFの紹介(いちばん詳しい)
動画が見れます(無断転載?)
朝鮮日報による写真

0 件のコメント: