木曜日, 3月 02, 2006

薬と副作用

・個人の判断で量を多くすると副作用の原因になります。
・薬の併用も思わぬ副作用の元になります、併用していいのは医者の指示による場合のみ。
・お茶で飲んではいけない。水か白湯で。
・医者の指示のない限り、同じ薬を長期間のみ続けるのはやめたほうがいい。
・民間薬を買う場合は必ず効能書き、使用上の注意を読むこと。

0 件のコメント: