木曜日, 3月 02, 2006

住まいの赤信号

こうなったらすぐに対処を。

・屋根が雨漏りすることがある。
・フェンスが赤錆
・外壁のモルタル壁にヒビや剥げ落ちが発生。板張り壁の一部割れ。鉄板が赤錆。サッシまわりのコーキング剤がはがれている
・内壁に雨じみ。しっくい壁が浮く、しっくいがはがれそう。
・壁紙がはがれかけている。
・柱・かまちから、時折粉状のものが落ちてくる。
・天井の防音テックス等がはがれている。
・浴室の敷居が腐食している。浴室タイルがはがれかけている。浴槽と壁の合間に隙間ができている。ホーロー浴槽の一部がはがれだしている。浴槽の水漏れ。浮かせるタイプの浴槽の場合、内部の保温材が下に出てしまっている など
・流し台がたびたびつまる、排水管の水漏れ、ガス管のひび割れ。軽度のガス漏れ。
・トイレの浄化槽の悪臭が目立つ
・洗面台の排水が水漏れ。洗濯機のホースが水漏れ。
・土台床下に水溜りが発生。羽ありが出たことがある、たてドイの水が床下に流れ込んでいるなど

<対処>
タイル壁…割れたタイルをはがし取り、新しいタイルを接着剤で。目地セメント剤の取れたところは、同じ材料を固めに練って詰める。浴室は床から50cm、浴槽のふちから10センチまでの目地にはコーキング剤を。

屋根…かわらの割れや落ちは、コーキング・防水テープを貼り、金属板の差込で対処。

床下…部材は、湿気に侵されている場合は換気口を増やすなどを考え通風をよくする。石灰、または乾燥砂に石灰を混ぜたものを敷きこみ、専門家に頼み、腐っていると危険なためその部材そのものを交換する。

北向きの壁、北向き屋根下地…結露している場合は通風孔の増設を考える。風通しをよくする。ボードやシート状の断熱材をすきま無く貼る。浴室天井などの湿気で天井が侵された場合は、結露を防ぐ処理だけでなく天井面すべてを密閉する必要がある。

モルタル・リジンなどの左官壁のヒビ…細かいヒビは伸びがよい表面吹き付け剤で表面塗装。目立つヒビはv形のとがった金物でヒビを5mmくらいに削り、そのあとコーキング剤をつめる。

0 件のコメント: