月曜日, 7月 10, 2006

TV通販商法

A社

・接続詞を重ね商品の魅力を階段状に表現する
「そして」
「さらに」
「そのうえ」→「あらー」「いいわねぇ」「わぁー」拍手などおばさんのリアクションを随所に
「しかも」
「ついでに」
「これだけの機能がついて
お値段たったの××××円」

・おばさんは6000円の謝礼。拍手以外は指示しない(自然な音を拾う)

・値段告知は最後までお預け
・最後に告知するお得なお値段に衝動が上がる

・商品をアピールする言葉を約30だして
そのなかから3つに絞った言葉を軸に台本を構成。

・決めカット(オーバーで派手な演出)で意識づけ

・タレントの表情(商品のよさに驚く自然な表情)

B社
・価格は最初からおわりまで表示(衝動買いではなく商品をよく理解してもらうため)
・視聴者の電話をそのまま放送、要望にこたえることでコール数UPを狙う
・ディレクターは1分ごとにコール数を把握、絶妙のタイミングでお電話混み合っていますとテロップ表示で拍車

0 件のコメント: